豪華な氷見三昧御膳を楽しむ男性グループ=氷見市姿の「ひみのはな」

豪華な氷見三昧御膳を楽しむ男性グループ=氷見市姿の「ひみのはな」

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し グルメ

旬の味覚心行くまで 氷見三昧初夏編スタート

北日本新聞(2018年6月2日)

 氷見市内の民宿や飲食店が地元産の旬の食材を使った自慢のメニューを提供する「"食都(しょくのみやこ)"四季を彩る氷見三昧(ざんまい)キャンペーン 初夏編」が1日、市内の29店で始まり、来店客が豪華な氷見三昧御膳(ごぜん)を楽しんだ。

 キャンペーンは、参加店でつくる氷見三昧倶楽部(杉木克己会長)や市、市観光協会、JA氷見市、氷見漁協、北日本新聞社などで組織する実行委員会が2004年から行っている。

 今回は昨年に続き各店が平日昼のメニューとして、氷見漁港で水揚げされた新鮮な魚介類や氷見牛、地元で採れた山菜などが並ぶ氷見三昧御膳でもてなす。店によって、より豪華な氷見三昧かがやき御膳を用意したり、夜や休日、宿泊と合わせたプランを提供したりと、多彩なサービスを繰り広げる。

 氷見市姿の九殿浜温泉「ひみのはな」には高岡市の男性グループ4人が来訪。カジキやカンパチ、アマエビなど地魚の造りや氷見牛の石焼き、氷見うどんといった御膳の品々を囲んだ。岩瀬広志さん(68)=同市旭ケ丘=は「刺し身や氷見牛はもちろん、氷見はお米がおいしいと聞き、楽しみにして来た」と話した。

 キャンペーンは8月末まで。問い合わせは氷見市観光協会、電話0766(74)5250。

■氷見三昧初夏編の参加店
 はしもと屋(中田)ひみのはな(姿)潮の美(脇方)灘浦荘、うみあかり(宇波)ラ・セリオール、磯波風(泊)いけもり(指崎)美岬、叶、げんろく、すがた、城山、あお、氷見っ子、こーざぶろう(阿尾)ルートイングランティア氷見和蔵の宿(加納)魚恵(北大町)與市郎(窪)美浜荘、あさひや(島尾)ひみ番屋街番屋亭、きときと亭三喜(北大町)秀月、誉一山荘オーベルジュ・ドゥ・ミクニ(幸町)ひみ浜(比美町)川喜、灘や(本町)牛屋(朝日丘)

高岡・氷見・射水 ニュース