「はしごマップ」をPRする山本さん

「はしごマップ」をPRする山本さん

長野県 松本・上高地・美ヶ原 祭り・催し

お得!松本「はしご店」 10年目、スタンプラリーも

信濃毎日新聞(2018年6月2日)

 お店を「はしご」してお得に利用を―。松本市中心市街地で1日、店から店へとはしごすると独自の特典や割引サービスを受けられる恒例の企画が始まった。市街地を回遊してもらおうと、一帯の店舗などでつくる「まつもと100てんプロジェクト」が企画し10年目。今年はオリジナルグッズを贈るスタンプラリーも用意した。

 参加店舗は主に市街地にある飲食店、居酒屋、カフェ、土産物屋、ホテルなど101カ所。利用した店でもらえる名刺大の「はしごチケット」に利用者の年代や性別を尋ねるアンケートが付いており、記入して別の店に渡すと菓子や飲み物などがもらえる。信毎メディアガーデン(中央2)ではサッカーJ2松本山雅FCのポストカードを贈っている。チケットは来年5月末まで利用できる。

 参加店の場所を示した「はしごマップ」は日本語版5万部、英語版1万部を用意。ともにA2判で、折り畳んで持ち運べる。湧水や公衆無線LAN「Wi―Fi(ワイファイ)」が利用できるスポットといった情報も掲載。マップにはスタンプラリーの台紙があり、30店分のスタンプでオリジナルTシャツ、10店分でクリアファイルがもらえる。

 初回の2009年度は約2カ月間で1400枚余だった利用が、16年度には年間1万2千枚超に増えた。事務局の山本桂子さんは「ヘビーユーザーも増えている。普段行かないお店を知るきっかけにしてほしい」と呼び掛けている。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット