安曇小児童の歌声が響いたウェストン祭

安曇小児童の歌声が響いたウェストン祭

長野県 松本・上高地・美ヶ原 祭り・催し

夏山だ!さあ、北アだ 上高地でウェストン祭

信濃毎日新聞(2018年6月4日)

 日本アルプスを世界に紹介し、日本近代登山の父と称される英国人宣教師ウォルター・ウェストン(1861〜1940年)をしのぶウェストン祭が3日、松本市安曇の北アルプス上高地で開かれた。日本山岳会主催で72回目。登山者ら約200人が、ウェストン広場で功績をたたえた。

 式典で日本山岳会の小林政志会長(68)=東京=は「ウェストンは登山の楽しさを伝えてくれた。72回のたすきをつないでいただいた先輩に感謝したい」とあいさつ。地元の安曇小学校4〜6年生14人が、雪が残る雄大な山々を背に「あの素晴らしい愛をもう一度」などを歌った。

 式典後、山岳ジャーナリストの菊地俊朗さん(83)=松本市庄内=が広場で記念講演した。これまでの歴史を踏まえつつ「上高地が抱える課題は砂防だ」などと訴えた。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット