約300種が咲き誇る「さかや農園」のバラ園=6日、佐渡市

約300種が咲き誇る「さかや農園」のバラ園=6日、佐渡市

新潟県 佐渡 花・紅葉

バラ園17日まで一般公開 佐渡・田切須

新潟日報(2018年6月7日)

 佐渡市田切須の果樹農家「さかや農園」のバラ園の一般公開が始まった。約1・3ヘクタールのリンゴ畑を囲むように約300種400株が咲き誇り、赤、黄、紫などの彩りと甘い香りが来場者を魅了している。今週末に見頃を迎える見込み。

 リンゴとバラは同じバラ科の植物で、病気や害虫の予防が効率よくできるという。1991年に台風被害を受けた畑を、当時のオーナー佐々木五三郎さん(73)が改修した際にバラを植え始め、約20年前から公開している。

 つるバラが中心で、それぞれ説明板が設けられている。目玉は高さ2メートル以上に及び、鮮やかなピンク色の花を数多く咲かせる「春風」。黄が混じった咲き始めから色が徐々に濃さを増していく変化が楽しめる。

 初めて訪れた同市新穂青木の会社員女性(19)は「色や形がさまざまできれいでした。香りの違いも分かってよかった」と声を弾ませた。

 公開は17日まで。入園無料。問い合わせは同農園、0259(58)2528。

佐渡 ニュース