新潟県 上越・妙高・糸魚川 祭り・催し

ホタルの光 幻想的に 上越市大島区

新潟日報(2018年6月11日)

 上越市大島区仁上(にがみ)のほたる公園で、ホタルが舞い始めた。8日夜は黄緑色の光を放ちながら飛び交い、幻想的なムードを醸し出した。「仁上ほたる祭り」が9日~7月7日、同所で開かれる。

 仁上のホタルは昭和30~40年代に農薬の影響で姿が消えたが、50年代に川や田んぼの環境が改善すると、再びホタルが発生。いまでは住民らが大切に環境を守っている。

 地元住民らでつくる「仁上ほたるの会」によると、3日にゲンジボタルとヘイケボタルが計約10匹飛んでいるのが確認された。樋口光良会長(70)は「天然のホタルが舞う姿を楽しんでほしい」と話している。見頃は午後8時~9時。

上越・妙高・糸魚川 ニュース