長岡産野菜などが並んだ「ばくばくマルシェ」=アオーレ長岡

長岡産野菜などが並んだ「ばくばくマルシェ」=アオーレ長岡

新潟県 長岡・寺泊・柏崎 特産

野菜と魚と会話とびっきり新鮮 マルシェ開幕 長岡

新潟日報(2018年6月18日)

 長岡産野菜や加工品などの販売を通じ生産者と消費者が交流するイベント「ばくばくマルシェ」が12日、長岡市のアオーレ長岡で始まった。今年も11月まで、月2回開かれる。新鮮な朝採り野菜や地場産の魚、フキノトウみそなどの加工品が並び、大勢の買い物客でにぎわった。

 マルシェは2012年から、市や生産者らでつくる団体がアオーレの屋根付き広場「ナカドマ」で開いている。初日は17店舗が出て、午前5時に収穫した山古志産の野菜、今年初出店となる寺泊産の魚などがずらり。来場者は「魚は甘塩とみそ、どっちがお薦めですか」と会話を楽しみながら買い物していた。

 長岡市のNPO法人職員(35)は「どれも新鮮で安い。スーパーと違ってお店の人とおしゃべりができるので、温かみを感じる」と話した。

 マルシェは11月13日まで。毎月第2、4火曜の午前10時~午後3時に開かれる。

長岡・寺泊・柏崎 ニュース