蓼科・八ヶ岳・諏訪 スポット

戦国時代、豊臣秀吉臣下の日根野高吉が築城した。当時、城の周囲は諏訪湖の水と湿地に囲まれていた。その姿が湖に浮かんだように見えたことから、別名「諏訪の浮城」とも呼ばれていた。3層3階の天守は明治時代初期に取り壊され、1970(昭和45)年に復興。現在は市民憩いの公園として整備され、天守内部は高島城の歴史などが分かる資料室になっている。


このページは記載施設の管理者が運営するページではありません。料金や営業時間などの情報については可能な限り正確性に配慮しておりますが、それを保証するものではございません。ご利用の際は必ず各施設にご確認ください。

詳細情報

名称
高島城(タカシマジョウ)
住所
諏訪市高島1丁目20番1号
地図
Googleマップでルート検索
電話
0266-53-1173
リンク
http://takashimajyo.suwakanko.jp/
交通
JR中央本線上諏訪駅から徒歩10分
営業時間
9:00~17:30(10~3月は16:30まで)
休業日
無休(11月の第2木曜日と、12月26~31日が休み)
料金
入場料大人300円、子供150円
駐車場
あり(無料)

蓼科・八ヶ岳・諏訪 スポット

蓼科・八ヶ岳・諏訪
ニュース

蓼科・八ヶ岳・諏訪
イベント