高岡・氷見・射水 イベント

石畳の通りを勇壮に練り歩いた弥栄節の町流し

石畳の通りを勇壮に練り歩いた弥栄節の町流し

 御印祭(ごいんさい)は、高岡鋳物発祥の地、高岡市金屋町の礎を築いた加賀藩2代藩主・前田利長(1562~1614)をしのび、利長の命日である6月20日(旧暦5月20日)に合わせて毎年開かれている。

 19日の前夜祭では、鋳物作業歌「弥栄節(やがえふ)」に合わせて踊る町流しが、国の重要伝統的建造物群保存地区の石畳通りなどで行われる。鋳物師(いもじ)の作業着をイメージした法被姿で踊る姿がりりしい。

 20日の本祭では、通称「やがえふ」と呼ばれる民謡「弥栄節(やがえぶし)」の奉納踊りを行う。今年は能登半島地震の被害を受けた前田利長公墓所を除き、金屋緑地公園(金屋町)と有礒正八幡宮(横田町)で行う。


主催者の都合や天候等により、催しの予定が変更されることがあります。ご利用の際は、主催者等に必ずご確認ください。

詳細情報

期間
2024年6月19日~2024年6月20日
会場
高岡市金屋町一帯
住所
高岡市金屋町
地図
Googleマップでルート検索
主催
御印祭実行委員会
えきねっと びゅう国内ツアー

高岡・氷見・射水 イベント