黒部・宇奈月・新川 イベント

燃える大きな御幣を見守る住民

燃える大きな御幣を見守る住民

 魚津神社境内の愛宕社で毎年1月26日に実施。住民が御幣(ごへい)や正月飾りを燃やし、無火災や家内安全を願う。
 大火が続いた江戸期に、火消しのまといに似た大きな御幣を作り、愛宕社の神にお参りをしたのが由来とされる。御幣は十字に組んだ高さ5、6メートルの青竹で、てんぐやおたふくの面、サカキ、扇子などを飾り付ける。


主催者の都合や天候等により、催しの予定が変更されることがあります。ご利用の際は、主催者等に必ずご確認ください。

詳細情報

期間
2019年1月26日
会場
魚津神社境内の愛宕社
住所
魚津市中央通り1丁目3-28
地図
Googleマップでルート検索
主催
魚津神社
リンク
魚津たびナビ http://www.uozu-kanko.jp/?p=1192
問い合わせ先
魚津神社
【電話】0765-24-8883

黒部・宇奈月・新川 イベント