敦賀・若狭 イベント

9月21日、福井県の敦賀市内で、俳聖・松尾芭蕉にまつわる史跡を巡る「芭蕉探訪ウオーク」が行われる。奥の細道紀行330周年を記念し、参加者に市立博物館の特別展「『おくのほそ道』330年の旅」(13日~10月20日)の無料チケットも配られ、ウオークを通じて芭蕉が歩んだ歴史空間を堪能できる。今回で16回目で、市と第三セクター港都つるがが主催。昨年は福井しあわせ元気国体で中止となったため、2年ぶりの開催となる。スポーツコース(10キロと5キロ)とガイドコース(5キロ)があり、スポーツコースは好きなペースでウオーキングを楽しむことができる。ガイドコースは、敦賀城跡が残る真願寺や芭蕉句碑がある金前寺など4カ所で、観光ボランティアガイドつるが会員による史跡の説明がある。いずれも気比神宮が発着点で、芭蕉が泊まったとされる「出雲屋跡地」や芭蕉を色ケ浜に案内した天屋玄流の「旧居跡」など、芭蕉ゆかりの地を巡る。海沿いも通り、自然を楽しむこともできる。俳句コンテストも行われ、飲み物の提供があるチェックポイントや発着点の気比神宮で応募可能。入賞者には後日、敦賀の特産品が送られる。参加者には無料チケットのほか、芭蕉の句をデザインした手ぬぐいが渡され、完歩者には完歩証を授与する。港都つるがの担当者は「芭蕉に関する歴史を学びながら自然も楽しめるコースとなっている。ぜひ参加を」と呼び掛けている。参加費500円(中学生以下無料)。小学生以下は保護者の同伴が必要。受け付けは午前8時半から気比神宮で。出発は9時半。小雨決行。
お問い合わせは、港都つるが=電話0770(20)0015。


主催者の都合や天候等により、催しの予定が変更されることがあります。ご利用の際は、主催者等に必ずご確認ください。

詳細情報

期間
2019年9月21日
時間
8:30~
会場
気比神宮
住所
914-0075 福井県敦賀市曙町11-68
地図
Googleマップでルート検索
料金
参加費500円(中学生以下無料)
※小学生以下は保護者の同伴が必要
リンク
福井のイベント情報は「ふうぷらす」⇒ http://www.fukuishimbun.co.jp/feature/fu/
問い合わせ先
港都つるが
【電話】0770-20-0015

敦賀・若狭 イベント