福井・永平寺 イベント

福井県 福井・永平寺 見る

カブクワ大行進!~世界の、福井のカブトムシ・クワガタムシ

福井新聞

 7月17日から10月24日まで、福井市自然史博物館で、世界のカブトムシやクワガタムシの標本をはじめ、生きたヘラクレスオオカブトを目の前で観察できる企画展「カブクワ大行進!~世界の、福井のカブトムシ・クワガタムシ」(福井新聞社後援)が開催される。他の昆虫を含め約350種、800点の標本を一堂に展示。角の形や大きさ、生える場所がさまざまな、カブトムシとクワガタムシの多様性に触れられる。

 同博物館はこれまでにも昆虫にスポットを当てた企画展を開催しており、今回は3年ぶり。カブトムシとクワガタムシの特徴や生涯をパネルや映像で紹介し、標本と見比べながら楽しめる。

 同博物館によるとカブトムシは世界で約1600種、クワガタムシは約1500種いるという。展示物には世界から集めた多彩な標本のほか、ノコギリクワガタやミヤマクワガタ、国内最少のマダラクワガタなど県内で確認されている全18種の標本が並ぶ。一つの個体に雄と雌の特徴を併せ持つカブトムシなどのコーナーも設けた。

 世界一美しいとされるニジイロクワガタは、全身メタリック。主にオーストラリアに生息していて、見る角度によって色が変化する。勇ましい姿が人気のヘラクレスオオカブトは、体長約17センチの個体を間近に観察できる。胸部から伸びる1本の角は、緩やかな曲線を描き、下側には、だいだい色のブラシのような毛が生えている。

 同博物館の学芸員は「カブトムシもクワガタムシも、さまざまな種類の個体がいるのでぜひ間近で見てほしい」と話している。

 休館日は毎週月曜(8月9日、9月20日は開館)と9月21、24日。入館料100円。中学生以下、70歳以上、障害者と付き添い1人は無料。

 関連行事として、カブトムシ幼虫の育て方や缶バッジづくりなども予定。一部事前申し込みが必要。

 お問い合わせは 福井市自然史博物館=電話0776(35)2844。


主催者の都合や天候等により、催しの予定が変更されることがあります。ご利用の際は、主催者等に必ずご確認ください。

詳細情報

期間
2021年7月17日~2021年10月24日
時間
9:00~17:15(入館は16:45まで)
会場
福井市自然史博物館
住所
918-8006 福井県福井市足羽上町147
地図
Googleマップでルート検索
料金
入館料:100円
中学生以下、70歳以上、障害者と付き添い1人:無料
リンク
福井のイベント情報は「ふうぷらす」⇒ https://www.fukuishimbun.co.jp/feature/fu/
問い合わせ先
福井市自然史博物館
【電話】0776(35)2844
えきねっと びゅう国内ツアー

福井・永平寺 イベント