勝山・大野 イベント

福井県 勝山・大野 見る

源義平が残した「青葉の笛」公開

福井新聞

 5月29日まで、大野市朝日の市笛資料館は、NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の放映で平安時代末期に注目が集まる中、源義平ゆかりの横笛「青葉の笛」を7年ぶりに公開している。

 伝承によると、源頼朝の兄義平は平治の乱(1159年)に敗れ朝日に潜伏。その間、身の回りの世話をしていた村の有力者の娘との間に子どもを授かったが、父義朝の死を知り、京都へ向かう際、子どものために笛と太刀などを残して村を後にしたとされる。

 「青葉の笛」は、鹿児島県霧島市でとれた竹を原料にしたものを指す。展示されているのは平安時代末期の作と伝えられている長さ33センチの笛で、先端部分が折れている。所有していた大野市民が4月、同市教委に寄託した。常設展示されている複製品とともに並べられている。

 同資料館の担当者は「源平時代から長きにわたって守られてきたと伝えられる笛。雄大な歴史の名残を感じてもらえれば」と話している。

 月曜と祝日の翌日は休館。開館時間は午前9時~午後4時、入館料は大人300円、中学生以下無料。  


主催者の都合や天候等により、催しの予定が変更されることがあります。ご利用の際は、主催者等に必ずご確認ください。

詳細情報

期間
2022年5月12日~2022年5月29日
時間
9:00~16:00
会場
大野市笛資料館
住所
912-0205 福井県大野市朝日24−9
地図
Googleマップでルート検索
料金
入館料 大人:300円
    中学生以下:無料
リンク
福井のイベント情報は「ふうぷらす」⇒ https://www.fukuishimbun.co.jp/feature/fu/
えきねっと びゅう国内ツアー

勝山・大野 イベント