福井・永平寺 イベント

福井県 福井・永平寺 見る

二刀流でメジャー25周年! パックンマックン ワールドツアー!

福井新聞

 お笑いコンビ「パックンマックン」が結成25周年を迎え、7月2日の福井県福井市のフェニックス・プラザを皮切りに全国ライブツアーをスタートさせる。米国出身で福井ゆかりのパックンことパトリック・ハーランさんと、相方のマックンこと吉田眞さんがオンラインで取材に応じ、15年ぶりという単独公演への意気込みを語った。

 新ネタのコントと漫才、フリートーク合わせて90分の構成。ライブは3月に東京で先行開催し、ツアーでは福井、静岡、群馬、大阪を回る。近年はタレントやコメンテーターとしての個別活動に忙しく、コンビでの新ネタ披露は久しぶり。1年前から準備を進め毎日のように会ってネタを合わせる日々に「お笑いに燃えていた結成当時のころを思いだした」とパックン。マックンも「少しずつ勘を取り戻していった」と話す。

 米ハーバード大を卒業し来日したパックンは、1993年から2年半、福井市内の専門学校で英会話講師として働き日本語を習得した。日本語のベースは福井弁で「『つるつるいっぱい』や『がぼる』といった福井弁の言い換えがいまだに見つからない」のだとか。

 役者を目指し上京したパックンと、マックンが出会い97年3月にコンビを結成。お笑い芸人志望だったマックンの一方で、パックンは「有名になれるならマックンを踏み台にしようとたくらんだ」と笑いを交え当時を振り返る。

 国際コンビの草分けだった二人。日本のお笑いでは定番の、ボケ役の頭や体をたたく「ツッコミ」がパックンはどうしても受け入れることができず、マックンと大げんかして解散寸前になったことも。ぶつかったり歩み寄ったりを繰り返し、パックンのボケにたたかずにツッコミを入れる2人独自の方法を編み出していった。

 ツアーは「二刀流でメジャー25周年 ワールドツアー」と銘打つ。「コメンテーターとお笑いの二刀流だからね」とパックンがアピールすると、すかさずマックンが「それはおまえだけだろ!」と鋭いツッコミ。テンポの良さに25年の歴史を感じさせる。

 パックンが「第二の古里」と言い切る福井について話が及ぶと「一緒に50回以上福井に行ってるから相当なもんだよ」とマックンも負けていない。「福井はツアーで一番力が入る」とパックン。「久しぶりの新ネタを楽しみに、家族で遊びに来てほしい」とそろってアピールしていた。

 福井公演は午後4時開演。チケットは全席指定で3500円(未就学児は入場不可)。プレイガイドは、チケットぴあなど。


主催者の都合や天候等により、催しの予定が変更されることがあります。ご利用の際は、主催者等に必ずご確認ください。

詳細情報

期間
2022年7月2日
時間
開演 16:00
会場
フェニックス・プラザ
住所
910-0018 福井県福井市田原1丁目13−6
地図
Googleマップでルート検索
料金
全席指定で3500円(未就学児は入場不可)
リンク
福井のイベント情報は「ふうぷらす」⇒ https://www.fukuishimbun.co.jp/feature/fu/
えきねっと びゅう国内ツアー

福井・永平寺 イベント