福井・永平寺 イベント

エスキモーの伝説には、多くの人格化されたホッキョクグマの話が出てくる。カナダ、ハドソン湾(撮影:星野道夫)

エスキモーの伝説には、多くの人格化されたホッキョクグマの話が出てくる。カナダ、ハドソン湾(撮影:星野道夫)

福井県 福井・永平寺 見る

写真展「星野道夫 悠久の時を旅する」

福井新聞

 アラスカの大自然、そこで生きる動物たちのありのままの姿、暮らす人々の表情―。アラスカで暮らしながら、写真と文章で記録し続けた写真家、星野道夫さん(1952~96年)。生命の輝きを捉えながら「自然と人の関わり」を追い続けた。没後25年を経た今でも人々の心打つ写真約150点を並べた「星野道夫 悠久の時を旅する」(福井新聞社共催)が7月2日、福井市美術館で開幕する。

 写真展のテーマは「出会い」。20歳の時に初めて足を踏み入れたアラスカの村から、43歳で亡くなる直前まで撮影していたロシア・カムチャツカ半島までの作品を展示し、数々の出会いを通じて思索を深めた星野さんの足跡をたどる。

 ツンドラの大地を勢いよく駆けて季節移動するカリブー(トナカイ)の群れ、雪原で考え事をしているかのようなホッキョクグマ、草むらに潜むグリズリー...。厳しくも美しい極北の大自然の中に息づく動物たちの写真が並び、星野さんが見た光景が目の前に広がる。伝統的なクジラ漁をする人々、ワタリガラスの神話を追う中で見つけた朽ちかけたトーテムポール、短い春~秋に大地を色とりどりに彩る植物などを写した作品もある。さらに、撮影で使っていたカメラや取材ノートといった貴重な資料も紹介する。

 会期は8月28日まで(休館日あり)。一般千円、高校・大学生800円、小・中学生500円。障害者手帳提示者と介護者1人、未就学児は無料。

 8月6日には、星野さんの妻直子さんを招いた講演会を開く。申し込みが必要で定員40人。定員を超えた場合は抽選。7月3日は星野さんの絵本の読み聞かせ会がある。ともに無料。詳しくは福井市美術館のホームページで。

 問い合わせは 福井市美術館=電話0776(33)2990。


主催者の都合や天候等により、催しの予定が変更されることがあります。ご利用の際は、主催者等に必ずご確認ください。

詳細情報

期間
2022年7月2日~2022年8月28日
時間
9:00~17:15
会場
福井市美術館
住所
918-8112 福井県福井市下馬3丁目1111
地図
Googleマップでルート検索
料金
一般:1000円
高校・大学生:800円
小・中学生:500円
障害者手帳提示者と介護者1人、未就学児:無料
リンク
福井のイベント情報は「ふうぷらす」⇒ https://www.fukuishimbun.co.jp/feature/fu/
問い合わせ先
福井市美術館
【電話】0776(33)2990
えきねっと びゅう国内ツアー

福井・永平寺 イベント