あわら・坂井 イベント

福井県 あわら・坂井 見る

あわら市郷土歴史資料館 新収蔵品展 前期

福井新聞

 福井県あわら市郷土歴史資料館で1月14日から、新収蔵品展が前中後期と3期に分けて開かれる。2020、21年度に資料館に寄贈や寄託された仏像や美術品など35点を公開する。同市北潟にある真言宗の古刹(こさつ)、安楽寺の十二神将像の6体などが展示される。

 展示品は3期ごとに一部入れ替える。安楽寺の十二神将像は、本尊の薬師如来坐像を守護する意味で置かれたもの。いずれも高さ約60センチの木製。中世(鎌倉~室町時代)の作と推察され、傷みも激しく同館に寄託された。仏像の顔に後世に塗ったとみられる青や赤などの顔料が残る。味わいあるポーズや表情をじっくり観察できる。会期ごと2体ずつ展示される。

 同市吉崎の回船業の旧家に残されていた、養蚕の営みを描いた六曲一隻の屏風(びょうぶ)絵(展示は前中期のみ)も展示される。このほか、地元に伝わる古文書、美人画などもある。

 前期は2月23日まで。以下中期(2月25~3月22日)、後期(3月24~5月7日)。入場は無料。期間中は毎月第4木曜が休館。


主催者の都合や天候等により、催しの予定が変更されることがあります。ご利用の際は、主催者等に必ずご確認ください。

詳細情報

期間
2023年1月14日~2023年2月23日
会場
あわら市郷土歴史資料館
住所
919-0632 福井県あわら市春宮2丁目14−1
地図
Googleマップでルート検索
料金
入場無料
注意事項
毎月第4木曜は休館
リンク
福井のイベント情報は「ふうぷらす」⇒ https://www.fukuishimbun.co.jp/feature/fu/
えきねっと びゅう国内ツアー

あわら・坂井 イベント