アイスプレートを見つめる人たち

アイスプレートを見つめる人たち

長野県 木曽路 祭り・催し

温かな光、浮かぶ宿場の面影 木曽「雪灯りの散歩路」

信濃毎日新聞(2018年2月3日)

 木曽郡木曽町福島の旧中山道沿いなどでアイスキャンドルをともす「信州木曽ふくしま雪灯(あか)りの散歩路(みち)」が2日夜、2日間の日程で始まった。宿場の面影を残す一帯が温かな光で彩られ、住民や観光客らでにぎわった。

 塩尻市贄川から岐阜県中津川市までで順次開催している「木曽路氷雪の灯(ひ)祭り」の一環。ボランティアが作ったキャンドルや氷の板の飾り「アイスプレート」、雪像などが計約5千個並び、記念写真を撮る仲間同士や親子連れの姿が目立った。

 3日も午後6時ごろにキャンドルを点灯する。

木曽路 ニュース