南向きの斜面にスイセン約10万本が咲き誇る信州国際音楽村。開花が進んでおり、見頃は4月初めまでという

南向きの斜面にスイセン約10万本が咲き誇る信州国際音楽村。開花が進んでおり、見頃は4月初めまでという

長野県 上田・小諸 花・紅葉

咲き競う上田の春 「すいせん祭り」開幕

信濃毎日新聞(2018年4月1日)

 上田市生田の信州国際音楽村で31日、恒例の「すいせん祭り」が始まった。小高い敷地にある約3千平方メートルの斜面で約10万本の黄色いスイセンが咲き競い、既に見頃だ。訪れた大勢の人たちが、青空とのコントラストを楽しんだ。
 ウッドチップが敷き詰められた散策路では、家族連れやカップルが行き交い、携帯電話やカメラを花に向けた。家族で訪れた千曲市戸倉の会社員、柴田麻美さん(43)は「よく手入れされ、斜面全体に咲く様子が分かるのも楽しい」。妻と訪れた長野市の公務員、北沢拓也さん(56)は愛犬をスイセンの近くに座らせて写真撮影。「犬の背丈と花の高さがそんなに違わず、いい絵が撮れた」と話した。
 運営する一般財団法人によると、このところの暖かさで一気に開花が進み、見頃は4月初めごろまで。祭りは22日までの予定だが、開花状況によっては終了を前倒しする。
 午前10時から午後4時まで。1日は午前10時から甘酒の振る舞い(なくなり次第終了)やスイセンの摘み取り体験(5本100円)もある。問い合わせは音楽村(電話0268・42・3436)へ。

上田・小諸 ニュース