「ロクモンGO!」に参加している菓子店。指定商品を含め一定額以上買い物すると寛永通宝がもらえる

「ロクモンGO!」に参加している菓子店。指定商品を含め一定額以上買い物すると寛永通宝がもらえる

長野県 長野市周辺 祭り・催し

松代巡る「ロクモンGO!」 寛永通宝6枚集め記念品

信濃毎日新聞(2018年5月2日)

 長野市松代地区の観光関係者らでつくる「ながの『四季の彩り』キャンペーン実行委員会」松代作業部会が、地区内を散策しながら飲食店や商店などを巡る催し「ロクモンGO!」を開いている。参加する27店で食事や買い物をすると寛永通宝が1枚もらえ、6枚集めると記念品と交換できる。松代での消費を促そうとの試みだ。

 江戸時代に松代藩を治めた真田家の家紋「六文銭」にちなみ、本物の寛永通宝を大量に用意し、この春スタート。1500円以上の買い物など、参加店ごとに異なる条件で寛永通宝1枚を贈呈。6枚で、六文銭が刺しゅうされたピンバッジや特製今治タオルがもらえる。専用の台紙は、松代観光案内所でもらえる。

 県の統計などによると、松代地区の2016年度の観光消費額(交通費などを含む)は1人1日4262円で、市内の観光地でも善光寺(4777円)や戸隠(5485円)に比べて少ない。市観光振興課は、松代地区では国史跡の松代城跡などの散策が人気だが、滞在時間が限られる団体バスでの立ち寄りが多いことなどが原因とみる。

 参加店の一つ、和洋菓子販売の「つたや本店」の社長、倉嶋輝行さん(46)は「点在している観光名所や商店が線でつながるといい」。作業部会長の松代宮坂酒造店社長、山本一幸さん(55)も「多くの人に松代の魅力を知ってもらいたい」と話した。

長野市周辺 ニュース