舞台「陣内の門~1st ACT~」の稽古に励む陣内孝則さん(左)=東京・三鷹市

舞台「陣内の門~1st ACT~」の稽古に励む陣内孝則さん(左)=東京・三鷹市

福井県 鯖江・武生・越前海岸 祭り・催し

陣内孝則さん主演、苦悩の教師描く 越前市で舞台上演へ

福井新聞(2018年6月13日)

 俳優の陣内孝則さんが主演する舞台「陣内の門~1st ACT~」(福井新聞社後援)が24日、福井県越前市いまだて芸術館で上演される。苦悩を抱えながら定年を間近にした教師を陣内さんが熱演する。在校生やかつての問題児たちが"集結"し、笑いあり、涙ありの人情ドラマを繰り広げる。

 舞台は東京郊外にある定時制高校。定年退職する教師に向けて在校生らが企画した謝恩会に、かつての教え子数人が参加するが、ある出来事のため卒業していなかった。その原因をつくったのは「人生で一つだけ心残りがある」と、15年間悔やみ続けている教師自身の失態だった...。

 構成・演出・脚本を担う水木英昭さんは「悔いなく人生を全うした人はどのくらいいるだろう。ある程度年をとっても、悩みの中にいる人は多いのでは」と話し、この舞台が再び前に進もうとするきっかけになってほしいとする。

 「俺は今、死んでもいい―と思えるように一日を生きたい」と力を込めるのは陣内さん。「今、この時を純粋に濃密に生きることの尊さを舞台で伝えたい」と語る。さらに「面白く魅力あふれる教師としての歴史と"心の旅"を表現」して「誰もが持っているであろう人生の忘れ物や痛みを、観客と共有したい」と思いを巡らす。

 舞台は2部構成。1部はトークショーで、俳優がそれぞれ演じるキャラクターを紹介。歌、ダンスや大道芸などでコメディータッチに盛り上げ、2部の芝居につなげる。

 アイドルの中島早貴さん、元宝塚歌劇団の鳳翔大さん、俳優の松岡卓也さん、河原田巧也さんらが脇を固める。8日の東京を皮切りに8会場23公演を行う全国ツアーの一環。

 午後2時開演。全席指定4800円(当日500円増)。問い合わせは同館=電話0778(42)2700。

鯖江・武生・越前海岸 ニュース