色とりどりのハナショウブなどが見頃を迎えたあやめ園=新発田市五十公野公園

色とりどりのハナショウブなどが見頃を迎えたあやめ園=新発田市五十公野公園

新潟県 新発田・月岡・阿賀野 花・紅葉

ハナショウブ夏の風情 7月1日までライトアップ 新発田

新潟日報(2018年6月27日)

 日本四大あやめ園の一つとされる新発田市五十公野公園あやめ園で、ハナショウブが見頃を迎えている。紫や白、黄色の花々が鮮やかに咲き乱れ、好天に恵まれた24日は多くの家族連れらでにぎわっていた。見頃は今月末まで。

 あやめ園では約1・8ヘクタールの敷地にハナショウブなど約300種60万本が植えられている。品種ごとに整然と並んだ花がさまざまな表情を見せている。母親と訪れた新発田市の小学1年生女児(6)は「紫色の花が好き。どれもきれい」と笑顔で話した。

 園内では恒例のあやめまつりが開催中。7月1日までの期間中、午後9時までライトアップされ、飲食などの物販もある。問い合わせは市観光協会、0254(26)6789。

新発田・月岡・阿賀野 ニュース