クレーンを使って慎重に設置される気動車「キハ28形」=5月19日、福井県敦賀市金ケ崎町

クレーンを使って慎重に設置される気動車「キハ28形」=5月19日、福井県敦賀市金ケ崎町

福井県 敦賀・若狭 鉄道

「キハ28形」に乗ろう 敦賀赤レンガ倉庫に登場

福井新聞(2018年6月28日)

 福井県敦賀市がこのほど展示用として購入し、敦賀赤レンガ倉庫横に設置した気動車「キハ28形」の内覧会が30日、開かれる。車両に乗り込んでシートに座ったり、走行する同形車両の様子を写真で見たりすることができる。

 キハ28形は旧国鉄が開発し、小浜線では急行「わかさ」として1961~99年まで活躍した。市によると、保存されているキハ28形は少なく、貴重な車両という。

 車両内には小浜線を走るキハ28形、同58形の写真を展示。写真と映像を使って設置時の様子も紹介する。周辺施設と連携し、鉄道や国体関連のグッズがもらえるスタンプラリーなども行う。市の担当者は「とても貴重な車両を見るチャンスなので、これを機に敦賀に足を運んでほしい」と話している。

 記念式典が午前10時からあり、テープカットなどの後内覧会を始める。見学無料。問い合わせは市新幹線まちづくり課=電話0770(22)8241。

敦賀・若狭 ニュース