白く色づき始めたハンゲショウ=26日、福井県美浜町佐柿

白く色づき始めたハンゲショウ=26日、福井県美浜町佐柿

福井県 敦賀・若狭 花・紅葉

ハンゲショウが白くおめかし 美浜町で7月上旬~中旬見頃

福井新聞(2018年6月29日)

 福井県美浜町の若狭国吉城歴史資料館周辺で、ハンゲショウの葉が白く色付き始めている。"お化粧"を始めた葉がゆらゆらと風に揺れ、涼しげな雰囲気を醸し出している。

 ハンゲショウはドクダミ科の植物。主に湿地や水辺に自生し白い花を咲かせるが、茎の先端の葉の表面も白く色を変えるのが特徴。例年7月上旬の「半夏生」の時期に白く染まる上、葉の一部を残して白くなることから「半化粧」の呼び名もある。

 同館西側にある約3千平方メートルの湿地や、同館入り口近くに自生している。今年は例年より早く、6月中旬から色付き始めた。見頃は7月上旬から中旬まで。

敦賀・若狭 ニュース