ポスターを手にイベントをPRする実行委員会メンバー=庄川ウッドプラザ

ポスターを手にイベントをPRする実行委員会メンバー=庄川ウッドプラザ

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し

爽快スライダー150メートル 来月の庄川水まつり

北日本新聞(2018年7月5日)

 8月4、5日に砺波市の庄川水記念公園で開かれる「庄川水まつり」で、昨年初登場した巨大ウオータースライダー「BRAVO(ブラボー)スライダー」が150メートルに延長される。まつりのポスターも完成し、主催する実行委員会(米道大佑実行委員長)は4日、同市庄川町金屋の庄川ウッドプラザでPRした。

 まつり当日は、公園近くの坂道にコースを設置し、庄川の水を流す。昨年好評だったことから、より長い時間爽快感を楽しんでもらおうと、今回は全長を50メートル延ばす。

 庄川水まつりでは、水に浮かべた丸太に乗り、対戦相手を先に落とす流木乗り選手権大会のほか、流木乗り体験コーナーやステージイベントなどもある。米道実行委員長は「スライダーは昨年よりスピードが出て爽快だと思う。庄川の山々など、ここでしか見られない景色も満喫してほしい」と話している。

 庄川水まつりは北日本新聞社後援。選手権大会は一般(3人1チーム)と、小学生を対象にしたジュニア(個人)部門があり、参加費は一般が1チーム5千円、ジュニアが1人1500円。両部門とも締め切りは24日。問い合わせは実行委、電話0763(82)6841。

砺波・南砺・五箇山 ニュース