初開催の「ジオ・イルミネーション」への来場を呼び掛ける後藤総支配人(右)ら=7月4日、福井新聞社

初開催の「ジオ・イルミネーション」への来場を呼び掛ける後藤総支配人(右)ら=7月4日、福井新聞社

福井県 勝山・大野 祭り・催し

スキージャム勝山で北陸最大級イルミ 14日から

福井新聞(2018年7月5日)

 福井県勝山市のスキージャム勝山を約60万個の発光ダイオード(LED)電球で彩る「ジオ・イルミネーション」のPRのため4日、スキージャム勝山の後藤省吾総支配人らが福井新聞社を訪れた。

 初の企画で、7月14日~10月28日に開催する。イルミネーションとしては北陸最大級の規模という。地球が誕生した46億年前から恐竜の時代までを6エリアに分け、それぞれテーマを設け表現する。

 後藤総支配人は、展望台から広大な"光の地上絵"を見下ろす最終エリアなど見どころはたっぷりと説明。「各種アクティビティや食事、お風呂を含め、グリーンシーズンのスキージャムを丸1日楽しんでほしい」と呼び掛けた。

 同イルミネーションの入場料は中学生以上千円、小学生500円、未就学児は無料。9月14日までは午後6時半~同10時、同15日以降は午後5時半~同9時。

勝山・大野 ニュース