アユの友釣り解禁で魚野川を訪れた釣り客=10日、魚沼市四日町

アユの友釣り解禁で魚野川を訪れた釣り客=10日、魚沼市四日町

新潟県 越後湯沢・魚沼・奥只見 アウトドア・レジャー

アユ友釣り腕が鳴る 魚野川で待望の解禁 魚沼

新潟日報(2018年7月11日)

 魚沼市などを流れる魚野川で10日、アユの友釣りが解禁された。昨年は7月の豪雨の影響で不漁だったことから、魚沼漁業協同組合(同市佐梨)は、今シーズンに期待を寄せている。

 9日夜に上流部で降った大雨で川が濁り、あいにくのコンディションだったが、解禁を待ちかねた釣り客が早朝から訪れた。破間川との合流地点となる同市四日町の河川敷では、5人ほどが糸を垂らしていた。

 同漁協は5月末、魚野川に稚魚約100万匹(約7・2トン)を放流した。今月5日には試し釣りを行ったが、体長は大きなもので平年を上回る18センチ(60グラム)、平均で16センチだった。

 同漁協の小幡典男参事(61)は「魚体はこれから大きくなると思う」と話し、アユが石についた水ゴケを食べた際にできる「はみ跡」や魚群の状態も「豊漁だった2016年に近い」と期待を込める。

越後湯沢・魚沼・奥只見 ニュース