アンパンマンを描いたアクリル画など、多彩な作品の展示作業が進む会場=7月12日、福井県あわら市の金津創作の森

アンパンマンを描いたアクリル画など、多彩な作品の展示作業が進む会場=7月12日、福井県あわら市の金津創作の森

福井県 あわら・坂井 その他

キャラクター生き生き躍動 やなせたかし展10月8日まで

福井新聞(2018年7月13日)

 子どもたちの人気者・アンパンマンの生みの親として知られる漫画家やなせたかしさん(1919~2013年)の作品展「やなせたかし-アンパンマンとメルヘンの世界-」(福井新聞社共催)が14日、福井県あわら市の金津創作の森で始まる。開幕準備が進む会場には、生き生きとした線でキャラクターを描いた作品が並び、息づかいが聞こえてきそうだ。

 同館の開館20周年、あわら市とやなせさんの出身地、高知県香美市の姉妹都市締結10周年を記念して開く。香美市のやなせたかし記念アンパンマンミュージアム振興財団から多くの作品を借り受けた。

 作品は▽出身地の香美市香北町朴ノ木にまつわるもの▽詩や初期の絵本などが並ぶメルヘンの世界▽アンパンマン関連-の三つに分けて展示。計102点が並ぶ。やなせさんの絵本は、真の優しさや生きる意味を問うような内容が多く、子どもから大人まで楽しめる。

 10月8日まで。月曜休館(祝日の場合は開館、翌日休館)。一般800円、中高生600円、3歳~小学生400円、65歳以上と障害者各半額。期間中、手作り体験やキャラクター「やなせうさぎ」との握手・撮影会など多彩なイベントがある。問い合わせは同館=電話0776(73)7800。

あわら・坂井 ニュース