夏山リフトを楽しむ親子連れ

夏山リフトを楽しむ親子連れ

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 アウトドア・レジャー

霧ケ峰高原で夏山リフトの運行開始

信濃毎日新聞(2018年7月15日)

 諏訪市郊外の霧ケ峰高原にある霧ケ峰スキー場で14日、今年の夏山リフトの営業が始まった=写真。3連休の初日でもあり、多くの観光客がリフトに乗りながら、高原の涼しさと空中からの眺望を楽しんだ。
 夏山リフトは全長300メートルのペアリフト。終点付近の丘は標高約1650メートルあり、富士山や八ケ岳、北アルプスなど、360度の眺望を楽しむことができる。東京都から家族3人で訪れた会社員男性(54)はリフトからの眺めや終点付近での散策を楽しみ、「いろんな山が見えて、とてもいい」と満足そうだった。
 夏山リフトは今季、8月27日までの毎日午前8時半〜午後4時半に運行する(悪天候時を除く)。市観光課によると、昨季は延べ7千人余の利用があった。料金は片道200円、往復350円。

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース