見頃を迎えた天満宮の参道に咲くヤマユリ=14日、上越市吉川区

見頃を迎えた天満宮の参道に咲くヤマユリ=14日、上越市吉川区

新潟県 上越・妙高・糸魚川 花・紅葉

鎮守のヤマユリ若返り 新しい株成長し見頃 上越・吉川区

新潟日報(2018年7月17日)

 上越市吉川区道之下の鎮守「天満宮」のヤマユリが、例年より1週間ほど早く見頃を迎えた。直径約20センチの白い大輪が甘い香りを放っている。

 ヤマユリは参道脇に自生し、地元の住民団体「山ゆり保存会」が草刈りをしたり、採取した種から苗を育てて植えたりするなど手入れをしている。ここ数年は株が衰え、花も小さくなっていたが、ことしは若い株が成長し、約200本が咲き誇るという。

 山ゆり保存会会長の野呂和男さん(67)は「久々にたくさん花が咲き、参道が華やかになった。大勢の人に見てもらいたい」と話した。見頃は7月下旬まで。

上越・妙高・糸魚川 ニュース