完成した富山新港花火大会のポスター

完成した富山新港花火大会のポスター

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し

光の大輪とナイアガラ 29日に富山新港花火大会

北日本新聞(2018年7月18日)

 29日に射水市海王町(新湊)の海王丸パークで開く「富山新港花火大会」の実行委員会は、PRポスターを製作した。帆船(はんせん)「海王丸」と光の大輪の共演や、富山新港開港50周年を記念し初めて行う新湊大橋からの「ナイアガラ花火」のイメージ写真を掲載した。千部作り、県内外の観光施設などに掲示する。

 同大会は午後5時半から始まり「四日曽根獅子方連中」と「荒屋東部獅子方若連中」が獅子舞を披露。花火は同7時50分~8時半に約2千発を打ち上げる。

 ナイアガラ花火は新湊大橋を支える2本の主塔間の約300メートルで実施する。無数の光が高さ47メートルから海面に向かって滝のように流れ落ち、ダイナミックで幻想的な世界を演出する。

 ポスターはB2判。同じ図柄のA4判ちらしも1万1千部製作する。問い合わせは市港湾・観光課内の実行委、電話0766(51)6676。

高岡・氷見・射水 ニュース