新たにオープンした「HOUSEHOLD」のキッチンに立つ笹倉さん(左)と妻の奈津美さん

新たにオープンした「HOUSEHOLD」のキッチンに立つ笹倉さん(左)と妻の奈津美さん

富山県 高岡・氷見・射水 その他

海辺にコンドミニアム 氷見市移住の笹倉さん夫妻開業

北日本新聞(2018年8月1日)

 元氷見市職員で同市に移住した笹倉慎也さん(35)と妻の奈津美さん(32)が、同市南大町でコンドミニアム風の宿泊施設「HOUSEHOLD」をオープンした。中心街に近い利点を生かし、宿泊客自身が食材を探して調理できる趣向にしており、笹倉さんは「氷見の美しい景観と豊かな食を楽しんでほしい」と話している。

 笹倉さんは富山市出身。東京都内で広告ディレクターなどを務めた後、2015年から2年間、市職員としてホームページの運営などに携わった。その間に氷見の魅力を知り、市内にこれまでなかった宿泊施設を通じて発信しようと思い立った。開業は28日。

 以前は呉服店だった4階建てのビルを改装した。4階が2組限定の客室、2階はギャラリー、1階はキッチンのある憩いのスペースとした。客室や屋上のテラスから富山湾の眺望が楽しめる。中心街の鮮魚店などを笹倉さんが案内し、宿泊客が氷見の多彩な食材を自分で選ぶことができる。日中の午後は喫茶スペースとしても開放している。

 今後は多彩なジャンルのシェフを招いた食のイベントや、農業体験なども提案する考えだ。笹倉さんは「まちのさまざまな魅力をつなぐハブのような場所にしたい」と話している。

高岡・氷見・射水 ニュース