どこにいるのかな?ヒマワリに埋もれるように迷路を走り回る園児たち

どこにいるのかな?ヒマワリに埋もれるように迷路を走り回る園児たち

長野県 伊那路 花・紅葉

1万本の黄色に包まれて 伊那の園児、ヒマワリ迷路楽しむ

信濃毎日新聞(2018年8月1日)

 伊那市の西箕輪南部保育園の園児約50人が31日、約12アールの畑に約1万本が咲き誇る「ヒマワリ迷路」に入って遊んだ。迷路作りは上伊那農協(伊那市)青壮年部の3年目の取り組み。幼い頃から土に触れてもらいたいとの願いがこもる畑を、園児たちは額に汗を浮かべて駆け回った。

 同部西箕輪支部の会員が5月下旬に種をまき、見頃を迎えた7月中旬に整備した。好天に恵まれたこの日、迷路内に入った園児たちはヒマワリに埋もれるよう。支部長の泉沢幸雄さん(41)は「子どもたちには毎年の当たり前の景色になっているようです」と見守っていた。

伊那路 ニュース