長岡開府400年を記念して打ち上げられたスターマインと、ナイアガラ=8月2日午後7時30分前、長岡市

長岡開府400年を記念して打ち上げられたスターマインと、ナイアガラ=8月2日午後7時30分前、長岡市

新潟県 長岡・寺泊・柏崎 祭り・催し

長岡花火開幕 慰霊と祈り 大輪連綿と

新潟日報(2018年8月3日)

 長岡まつり大花火大会(長岡花火財団主催)が8月2日夜、長岡市の信濃川河川敷で開幕し、長岡空襲の犠牲者の鎮魂と平和への祈りを込めた約1万発が打ち上げられた。長岡開府400年を記念した花火も登場し、県内外から訪れた約50万人が、夜空を彩る大輪の花に見入った。

 慰霊と祈りの尺玉3発が静かに上がった後、長岡開府400年を記念した大型スターマインが華やかな光を放ち、大手大橋のナイアガラと共演した。中越地震からの復興祈願花火「フェニックス」は幅2キロにわたり、雄大な信濃川を5分間、明るく照らし出した。

 赤や緑、金の閃光(せんこう)が夜空にはじけるたび歓声や拍手が湧いた。初めて長岡花火を見た大阪市の会社員男性(23)は「花火の大きさと数に驚いた。これまで見た中で一番すごい」と感動していた。

 花火大会は3日も開かれる。

長岡・寺泊・柏崎 ニュース