8月4日に行われる「第24回若狭おおいのスーパー大火勢」のチラシ

8月4日に行われる「第24回若狭おおいのスーパー大火勢」のチラシ

福井県 敦賀・若狭 祭り・催し

巨大たいまつ大乱舞 おおいスーパー大火勢

福井新聞(2018年8月4日)

 福井県おおい町夏の一大イベント「第24回若狭おおいのスーパー大火勢(おおがせ)」(福井新聞社後援)が4日、同町成海のうみんぴあ大飯周辺で開かれる。高さ約20メートル、重さ約1トンの巨大たいまつの大乱舞や、約1万発の花火が夏夜を熱く彩る。

 同イベントは、町内に約300年前から伝わる、火災鎮護や五穀豊穣(ほうじょう)を願う伝統行事「大火勢」(県無形民俗文化財)をメインに開催される。

 昨年から、大火勢の設置場所を海上の台船から陸上に変更。観客との距離が約30メートルに縮まったことで、肌で熱風を感じつつ大迫力の乱舞を楽しむことができる。

 午後7時から総勢約600人のたいまつ行列を開始。同7時20分からは地元和太鼓グループ「大飯ブレイズ」の演奏が行われる。同8時、巨大たいまつ「スーパー大火勢」に点火。若衆約50人が右に左に豪快に回転させ、幻想的な炎の渦を巻き起こす。同8時半からは花火があり、大火勢の歴史などをアナウンスで盛り込みながら、夜空を光の大輪で彩る。

 正午からはプレイベントがあり、キャラクターショーやお笑いライブなどが行われる。このほか、飲食ブースなど26店舗が並ぶ「若狭路うまいモン横丁」もある。

 31、1の両日には、巨大たいまつの仕上げ作業が会場で行われた。実行委員会のメンバーら約25人がたいまつを針金で固定したり、形を整えるなどして本番に備えた。実行委事務局でイベント初参加の林亜久里さん(29)は「実行委メンバーらが協力しながら作り上げてきたので思いが詰まっている。ぜひ会場に足を運んで楽しんでもらいたい」と話している。

 問い合わせは同実行委=電話0770(77)9111。当日の開催に関する問い合わせは専用ダイヤル=電話0180(99)3838。

敦賀・若狭 ニュース