新たに販売を始めた「りんご&カシスミックス」(右)と「りんごDRY辛口」

新たに販売を始めた「りんご&カシスミックス」(右)と「りんごDRY辛口」

長野県 長野市周辺

須坂フルーツエールに新しい味 「好みに合わせて楽しんで」

信濃毎日新聞(2018年8月4日)

 須坂市や須坂商工会議所などでつくる「信州須坂フルーツエール推進協議会」は、新たに市産のリンゴとカシスをミックスしたフルーツ発泡酒「りんご&カシスミックス」と、リンゴの甘さを控えた「りんごDRY辛口」の2種類を開発し、販売を始めた。市内外の飲食店や販売店などで取り扱っていく。

 「ミックス」はリンゴとカシスを合わせて果汁30%、アルコール度数3%。「辛口」はリンゴ果汁20%、アルコール度数5%。推進協によると、ミックスはリンゴの甘みとカシスの酸味がマッチし、辛口はビールの苦味も味わえるという。

 さらに、これまで販売していたフルーツ発泡酒はリンゴのふじを使ってきたが、新たに「秋映(あきばえ)」「シナノゴールド」「シナノスイート」の3品種を使った商品も試験的に開発。いずれも果汁30%、アルコール度数は3%で、それぞれ240本限定で市内でのみ販売する。今秋にはリンゴとカシスとブドウの3種類をミックスした商品などの販売も考えており、推進協は「それぞれに味の特徴があるため、好みに合わせて楽しんでほしい」とする。

 ミックスは590円(税抜き)、辛口と3品種はいずれも550円(同)。瓶の内容量は全て330ミリリットル。

長野市周辺 ニュース