生物のおなか側が見られる特別展示

生物のおなか側が見られる特別展示

富山県 黒部・宇奈月・新川 祭り・催し

生物のおなかまる見え 滑川・ほたるいかミュージアム

北日本新聞(2018年8月8日)

 海の生物の珍しい展示が見られる夏休み特別イベントが滑川市のほたるいかミュージアムで開かれており、県内外の親子連れや観光客の人気を集めている。9月2日まで。

 ホタルイカが捕れない季節でも展示内容を充実させようと、毎年開いている。

 今回のメインは、ミラーを使った特別な水槽で生物のおなか側を見せる1階の特別展示「裏リウムの世界」。セミエビやダイオウグソクムシ、アカエイ、マツカサウオといった魚の貴重な姿が楽しめる。大阪府堺市から訪れた自営業の中堂雅裕さん(56)は「面白い発想の展示で、初めて見た」と喜んでいた。子ども向けのクイズ企画や塗り絵コンテストも開いている。開館は午前9時~午後5時で、火曜は休館(14日は営業)。

黒部・宇奈月・新川 ニュース