日本スカウトジャンボリーの大集会に出席され、貴賓席から手を振る皇太子さま=珠洲市のりふれっしゅ村鉢ケ崎

日本スカウトジャンボリーの大集会に出席され、貴賓席から手を振る皇太子さま=珠洲市のりふれっしゅ村鉢ケ崎

石川県 輪島・珠洲・能登金剛 その他

「能登に触れ、思い出作って」 皇太子さま、珠洲で日本ジャンボリー視察

北國新聞(2018年8月8日)

 皇太子さまは7日、珠洲市の「りふれっしゅ村鉢ケ崎」で開催中の第17回日本スカウトジャンボリーを視察された。9カ月後に新天皇即位を控え、皇太子さまとしての石川県内視察は最後とみられる。国内外のボーイスカウトら約1万3000人による「大集会」で、皇太子さまは「能登の豊かな自然と文化に触れて、貴重な思い出を作ってください」とお言葉を述べた。
 皇太子さまの石川県入りは昨年6月に金沢市で開かれた全国「みどりの愛護」のつどいに続き2年連続で、浩宮さまの時代を含めて12回目となる。珠洲入りは前回2006年のジャンボリー開催時以来、12年ぶりとなる。
 大集会では皇太子さまが見守る中、加賀とびはしご登り保存会(金沢市)が演技を披露し、各地のスカウトが踊りや祭礼を繰り広げた。退出される皇太子さまには、スカウトたちが来年5月の新天皇即位を祝って、「いやさか」を三唱した。
 皇太子さまは大集会に先立ち、創業250年を迎えた珠洲市の宗玄酒造を視察し、ジャンボリー会場では、飾り結びや班旗立てに取り組むスカウトの様子を見て回った。

輪島・珠洲・能登金剛 ニュース

輪島・珠洲・能登金剛
イベント

輪島・珠洲・能登金剛
スポット