屋代駅ウェルカムステーションに並ぶミカンや海産物といった宇和島市の商品

屋代駅ウェルカムステーションに並ぶミカンや海産物といった宇和島市の商品

長野県 長野市周辺 祭り・催し

豪雨で被害、買って宇和島支援 姉妹都市の千曲でフェア

信濃毎日新聞(2018年8月8日)

 千曲市の千曲商工会議所は、市の姉妹都市で西日本豪雨で被災した愛媛県宇和島市を支援しようと、しなの鉄道屋代駅(千曲市)の一角で運営する「屋代駅ウェルカムステーション」で「復興支援フェア」を開いている。宇和島産のハウスミカンや海産物、じゃこ天など約20品目を並べている。

 ステーションでは、宇和島市の海産物などを日頃から置いているが、通常は5品目程度。フェア開催に当たり、取引先の業者と交渉し、みかんジュースやじゃこちくわなどを仕入れて通常よりも品ぞろえを大幅に拡充。フェアに合わせ、1袋350円の小エビやヒジキなどを3袋買うと千円(税込)にする、といった割引もしている。

 千曲市は豪雨の直後、宇和島市に飲料水のペットボトルを届けた。災害復旧に向けて土木の技術職員計4人を派遣した他、見舞金1千万円を贈ることも決めている。

 商議所の担当者は「宇和島市が千曲市の姉妹都市と知らない人もいる。立ち寄った人が、商品を通じて宇和島市を知る機会になればうれしい」と話している。

 フェアは31日まで。営業時間は平日午前8時〜午後7時。土日祝日は午後5時まで。13〜16日は午前9時〜午後3時。問い合わせは屋代駅ウェルカムステーション(電話026・214・6830)へ。

長野市周辺 ニュース