「へとつき音頭」を奉納し、温泉の繁栄を願う関係者=白山市中宮温泉

「へとつき音頭」を奉納し、温泉の繁栄を願う関係者=白山市中宮温泉

石川県 加賀・白山・小松 その他

白山市で中宮温泉薬師まつり

北國新聞(2018年8月9日)

 中宮温泉薬師まつり(本社後援)は8日、白山市中宮温泉で開かれ、旅館関係者や湯治客ら約40人が「胃腸の湯」として知られる温泉の繁栄を願った。
 薬師堂前で薬師如来祭事が営まれ、祭主が祝詞を奏上、中宮温泉旅館協同組合の林繁理事長らが玉串をささげたほか、地域の伝統民謡「へとつき音頭」の奉納も行われた。参加者は音頭に合わせ、家を建てる際に「へと」と呼ばれるケヤキの株をロープで引っ張って持ち上げ、地面に落とすしぐさを繰り返した。

加賀・白山・小松 ニュース