さまざまな草木を置き、まちなかで自然を感じられる「大手モーリ」

さまざまな草木を置き、まちなかで自然を感じられる「大手モーリ」

富山県 富山・八尾 祭り・催し その他

涼しい!緑の「大手モーリ」 来月9日まで富山市民プラザ

北日本新聞(2018年8月10日)

 富山市民プラザ(富山市大手町)の1階正面に緑いっぱいの庭がお目見えした。同町周辺の通称「大手モール」にかけ「大手モーリ」と名付け、夏を涼しく過ごしてもらおうと9月9日まで設置する。同プラザは「夏の暑さを忘れ、ゆったり休んでほしい」と話している。

 富山市民プラザが企画し、富山造園業協同組合と園芸用品メーカー「タカショー」(和歌山県)が協力した。昨年初めて実施したところ、利用者から好評だったため、本年度以降も続けることにした。設計図や施工は同組合がボランティアで行った。

 ことしの庭は昨年より約1・6倍広い120平方メートルで、ヤマモミジやアオダモ、シマトネリコなどの草木を置いている。同プラザのプールで使っている井戸水を活用し、小川も作った。砂利模様のシートを敷いているため、子どもでも安全に遊べる。友人同士で来た富山市芝園小学校3年の南出沓子さん(9)は「ものすごく涼しくておしゃれ」、藤江美陽さん(9)は「緑があってすてきだった」と笑顔を見せた。

 芝生の上にはベンチやテーブル、パラソルを置いて休憩スペースを設けている。プラザ内の飲食店でテイクアウトした飲み物を持ち込むことも可能だ。富山市民プラザでは夏の間、イルミネーションや週末に夜店が並ぶイベントが開かれている。京田憲明専務は「富山市中心部の夏の風物詩になればうれしい」と話している。

富山・八尾 ニュース