徳沢園とザ・ノース・フェイスが提携して発売したオリジナルバッグ

徳沢園とザ・ノース・フェイスが提携して発売したオリジナルバッグ

長野県 松本・上高地・美ヶ原 アウトドア・レジャー その他

上高地・徳沢、バッグにデザイン アウトドアブランドと提携

信濃毎日新聞(2018年8月17日)

 北アルプス上高地・徳沢(松本市安曇)の山小屋「徳沢園」は今夏、徳沢の自然をデザインしたオリジナルのスタッフバッグを発売した。登山者の人気を呼んでいる。アウトドアブランド「ザ・ノース・フェイス」と提携した。

 ザ・ノース・フェイスと共同して5月にトートバッグを発売した徳沢園が「山小屋らしいものを作りたい」と商品企画を提案。服や道具を入れてザックの中を整理できるスタッフバッグになった。

 バッグは縦24センチ、横13センチほどで黒、白、赤の三色展開。各2千円(税込み)。山梨県山中湖村を拠点とするデザイナーの中村メグミさんがデザインを担当し、ニリンソウなど複数の植物の形をあしらった。徳沢園スタッフの栗山由(ゆう)さん(25)は「何かと実用的で、おしゃれです」。8月上旬に発売し、1日50個ほどが売れた日もあったという。

 大阪府から登山に訪れ、涸沢から下山してきた平山始(はじめ)さん(44)は黒色のバッグを購入。「上高地の草木がバランス良く配置されたデザインがいい」と話していた。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット