大勢の家族らが訪れた「ヘリコプター&防災・防犯フェスティバル2018」=クロスランドおやべ

大勢の家族らが訪れた「ヘリコプター&防災・防犯フェスティバル2018」=クロスランドおやべ

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し アウトドア・レジャー その他

空の精鋭集結 小矢部でヘリフェス

北日本新聞(2018年8月26日)

 「ヘリコプター&防災・防犯フェスティバル2018」は25日、小矢部市のクロスランドおやべで始まった。スピーディーな輸送手段として救急救命の現場などで活躍するヘリが間近で見られ、約8000人の来場者が魅力に触れた。26日まで。 

 県ドクターヘリや陸上自衛隊の「AH―1」、民間ヘリ計8機が展示された。AH―1は操縦席に乗り込むことができ、記念撮影する家族連れらが列を作った。富山市中央小6年の牧俊介君(11)は「いろんなボタンがあった。かっこいい」とうれしそうだった。

 県ドクターヘリも人気を集めた。来場者はフライトドクターによる説明に耳を傾け、興味深そうに機体を眺めていた。民間機による遊覧飛行も2年ぶりに実施。北日本新聞社は会場内でミニ新聞を発行した。

 フェスティバルは災害時などでのヘリの有効性を知ってもらおうと毎年開いている。公益財団法人クロスランドおやべ主催、市共催、北日本新聞社特別協力。


砺波・南砺・五箇山 ニュース