巡行を前に気比神宮前に勢ぞろいする豪華な6基の山車=2017年9月4日、福井県敦賀市神楽町1丁目

巡行を前に気比神宮前に勢ぞろいする豪華な6基の山車=2017年9月4日、福井県敦賀市神楽町1丁目

福井県 敦賀・若狭 祭り・催し

「敦賀まつり」9月1日開幕 絢爛山車6基出番待つ

福井新聞(2018年8月29日)

 港町敦賀に秋の訪れを告げる「敦賀まつり」は1~4日、気比神宮の例大祭に合わせて敦賀市内一円で開かれる。宵山やみこし、絢爛(けんらん)豪華な山車(やま)6基が巡行し、市街地は活気と華やかな雰囲気に包まれる。今年は目前に迫った国体開催に合わせ、はぴりゅうらが大通りを行進する国体応援パレードも行われる。

 1日午後3時、29団体の1600人以上が参加するカーニバル大行進で幕開け。福井国体マスコットユニット「Dino(ダイノ)はぴねす」やツヌガ君らが通りを行進し開幕間近の福井国体をPRする。地元小中高校生が参加するマーチング演奏や仮装・電飾パレードもあり、神楽町1丁目と相生通りで同9時ごろまで続く。

 例大祭の前夜祭にあたる宵山巡行は2日午後3時半から。「宵山」と呼ばれる山車の舞台で、子どもたちが踊りを奉納しながら神楽町1、2丁目を巡る。約3千人の踊り手が参加する「民謡踊りの夕べ」は同7時から、本町通りであり、市街地をお祭りムードで染める。

 3日午前8時からは、17基の大人、子どもみこしが市内一円を巡行。同神宮ご神体の仲哀天皇を祭るみこし「御鳳輦(ごほうれん)」の巡幸は同9時から。

 敦賀城主大谷吉継らの武者人形や豪華な水引幕で飾り付けされた6基の山車は4日正午ごろ、同神宮前に集結する。「えんやさーえ」「おいすくで」という引き手の独特の掛け声とともに、午後1時半ごろから相生通りまでを練り歩く。

 国体PRブースなどを設ける「イベント広場」は1日午後1時から、神楽2丁目広場に設けられる。相生通り、神楽1丁目通りに宵山や山車を展示、露店も並ぶ「お祭り広場」は2日午後1時と4日午後4時から。

 まつりとコラボしたインターネット動画配信サイト「ニコニコ動画」の人気コンテンツなどが体験できる「ニコニコ町会議」は2日午後1時から、プラザ萬象を中心に開催される。

 期間中は市街地に交通規制が敷かれる。問い合わせは敦賀まつり振興協議会事務局(市商工貿易振興課)=電話0770(22)8122。まつり期間中は敦賀商工会議所=電話0770(20)0191。

敦賀・若狭 ニュース