新潟県 十日町・松之山・津南 アウトドア・レジャー グルメ

16飲食店自慢の一品 芸術祭鑑賞者にPR 十日町・中里

新潟日報(2018年9月3日)

 十日町市観光協会は、中里地域にある16の飲食店、それぞれの自慢の一品を紹介する冊子「さとめし」を作製した。開催中の「大地の芸術祭」では、同地域の清津峡渓谷トンネル内の作品が人気を集めており、鑑賞者に地元の食事もPRしたい考えだ。

 冊子はA6判、24ページ。すしやラーメン、そばなどお薦めのメニューのほか、店内の様子や店主らの写真も掲載した。

 芸術祭の作品や清津峡、瀬戸渓谷、「田代の七ツ釜」といった観光名所を記した地図も載せている。

 冊子は8500部発行し、十日町市総合観光案内所や各店舗などで8月中旬から無料で配布している。各店舗には、のぼり旗を立て、ポスターを貼った。

 同協会中里支部長で、温泉旅館「清津館」の桑原清社長(63)は「芸術祭を契機に飲食店がまとまることができた。市外からの来訪者に利用してほしい」と話している。

十日町・松之山・津南 ニュース