贈られたリンドウの花を手に歓声に応える奏者ら=2日、松本市

贈られたリンドウの花を手に歓声に応える奏者ら=2日、松本市

長野県 松本・上高地・美ヶ原 祭り・催し

体揺らして「Gig」満喫 OMF、オーケストラ公演終了

信濃毎日新聞(2018年9月3日)

 松本市で開催中のセイジ・オザワ松本フェスティバル(OMF)で2日、オーケストラコンサートの最後の公演がキッセイ文化ホール(県松本文化会館)であった。「OMFGig」と銘打ち、ジャズ色の強い、軽快な曲を集めた。観客1800人超が体を揺らし、盛大な拍手を送った。

 日本デビューとなったケンショウ・ワタナベさん(31)=米国、横浜市出身=と、フェス最初のオーケストラ公演も指揮したディエゴ・マテウスさん(34)=ベネズエラ出身=の若手2人がサイトウ・キネン・オーケストラ(SKO)を指揮。指揮を降板した総監督の小澤征爾さん(83)と親交深いマーカス・ロバーツさん(55)=米国=のジャズトリオが共演した。

 関係者の「さよならパーティー」もあり、サイトウ・キネン財団理事長の広中平祐さんは「小澤さんがいないのは残念」としつつ、「今回は、僕が知っている限り最高のフェスティバル」とあいさつしていた。

 OMFは6、7日、松本市、長野市で「子どものための音楽会」をそれぞれ開き、閉幕する。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット