新潟県 長岡・寺泊・柏崎 その他

河井継之助の生涯映画化 長岡など新潟県内で大半撮影

新潟日報(2018年9月4日)

 戊辰戦争から150年の節目を迎えた今年、幕末の長岡藩家老、河井継之助の生涯を描く映画「峠 最後のサムライ」が製作される。松竹などでつくる製作委員会が9月3日発表した。司馬遼太郎さんの歴史小説「峠」の初の映像化で、主役の継之助は役所広司さんが務める。

 幕末の動乱期に、信念を抱いて藩の命運を背負った武士の姿を、小泉尭史(たかし)監督がスクリーンに描く。2020年公開予定。

 撮影は9月中旬から11月下旬までの予定で、継之助の故郷、長岡市をはじめ大半が新潟県内で行われる。

 製作委員会には、新潟日報社も加わる。

長岡・寺泊・柏崎 ニュース