新潟県 長岡・寺泊・柏崎 花・紅葉

小千谷・山本山高原 ソバ満開 見渡す限り

新潟日報(2018年9月5日)

 小千谷市の山本山高原で、ソバの花が見頃を迎えた。標高300メートルの傾斜地に広がる約6ヘクタールの畑は一面に白い花が咲き、葉の緑とのコントラストが、見る人を楽しませている。

 地元のNPO法人「グリーンライフおぢや」が2004年から栽培している。ことしは7月下旬に種をまき、現在は1メートルほどの高さに伸びた。ソバは乾燥に強いため小雨の影響はなく、8月以降は適度な降雨もあり、生育は順調だという。

 同法人理事長の米山厚さん(78)は「今までにないほどソバが平均的に育ち、平らに見えるのできれいだ」と話した。見頃は9月20日ごろまで続く。

 10月中旬に約6トンを収穫する見込み。そばは、高原の麓で地元住民が営む「山本山高原そば雪蔵の里」(同市池ケ原)で提供する。

 ソバ畑では7~9日の毎日、午前10時半から雪蔵の里の割引券を先着50人に配る。8、9の両日は、山本山山頂で臨時そば店も開く。問い合わせは雪蔵の里、0258(81)7811。

長岡・寺泊・柏崎 ニュース