30万人目の乗客らを乗せて出航するfugan

30万人目の乗客らを乗せて出航するfugan

富山県 富山・八尾 鉄道

就航10年目30万人達成 富岩水上ライン

北日本新聞(2018年9月9日)

 富山市の富岩運河を運航する遊覧船「富岩水上ライン」の総乗船客が8日、30万人に達した。富岩運河環水公園にある乗船場で、節目の乗船客に記念品が贈呈された。

 富岩水上ラインは2009年7月に就航し、10年目を迎えた。15年に3隻に増え、昨年は過去最多の5万8323人が利用した。今年は天候に恵まれた花見シーズンの利用が好調で、8月末までに前年同期比7%増の4万1149人が乗船した。

 30万人目となったのは大阪府堺市の主婦、上田晴香さん(46)。猪俣明彦県観光・交通・地域振興局長が「水上ラインの魅力、利便性向上に取り組んでいく」とあいさつし、記念品の食事券を贈呈した。夫の哲也さん(47)と観光で訪れた上田さんは「びっくりした。雨で残念だと思っていたけど、いい思い出になった」と話し、fuganに乗り込んだ。

 来年3月にはトイレ・エアコンを備えた55人乗りの新艇が導入され、4隻体制となる。

富山・八尾 ニュース