グランプリに輝いた下麻生伸町一区自治会の作品=中田コミュニティセンター

グランプリに輝いた下麻生伸町一区自治会の作品=中田コミュニティセンター

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し

下麻生伸町一区が最高賞 中田かかし祭きょう23日開幕

北日本新聞(2018年9月23日)

 23、24の両日に高岡市中田地区で開かれる第35回中田かかし祭(同祭実行委員会主催、北日本新聞社共催)を前に、かかしコンクールの審査会が22日、会場の中田コミュニティセンター周辺で行われ、グランプリに下麻生伸町一区自治会(土居満春会長)の「鯉さんに恋する庄川太郎」が輝いた。

 団体一般、団体事業所PR、個人、素朴なかかし、子どもの計5部門に93体の応募があった。全部門の中からグランプリ1点を選んだ。

 下麻生伸町一区自治会は、庄川を泳ぐ約4メートルのコイと、コイに恋をして抱きつく約2メートルのカッパ「庄川太郎」を制作。長寿会が中心となり、8月下旬から取り組んだ。針金で作った骨組みをワラで覆い、縄で鱗(うろこ)を表現しており、リアルなコイの色合いや、カッパのかわいらしい表情が目を引く。土居会長は「完成度の高い作品に仕上がったので、グランプリを取れてうれしい」と笑顔を見せた。

 祭りでは話題の人物やキャラクターなどを模したかかし約200体が勢ぞろいする。中田中学校吹奏楽部の演奏やよさこいも繰り広げられる。

 ▽団体一般(1)高岡市商工会女性部(2)宮町自治会(3)東保新自治会、小泉新自治会▽団体事業所PR(1)高岡市南部女性分団(2)アルカスコーポレーション(3)パナケイア、井上板金工業▽個人(1)井上登美子(2)桃井久美子(3)内河和枝、内河健二▽素朴なかかし(1)若杉自治会(2)今泉自治会(3)滝自治会、宮本暎久▽子ども(1)中田小学校(2)カンナ4区(3)中田中学校バレー・サッカー部、中田中学校美術・剣道合同チーム

高岡・氷見・射水 ニュース