キハ52待合室で展示が始まった「色灯信号機」=糸魚川市大町1

キハ52待合室で展示が始まった「色灯信号機」=糸魚川市大町1

新潟県 上越・妙高・糸魚川 鉄道

鉄道用信号機、間近で見て 糸魚川ジオパル 記念品も配布

新潟日報(2018年9月26日)

 糸魚川市の糸魚川駅1階にある糸魚川ジオステーション「ジオパル」は、えちごトキめき鉄道で実際に使われていた「色灯信号機」の展示を、ジオパル内の「キハ52待合室」で始めた。

 鉄道用の信号は線路沿いで列車に停止などを指示する信号。ジオパルはジオラマ模型など鉄道に関する資料を多く展示して親しまれていることから、信号機も展示することにした。

 通常は遠くからしか見ることができない鉄道信号を間近で見ることができ、保存車両を動かす際に青に点灯するなど電球のつき方を見ることもできる。

 またジオパルでは、施設内にあるジオラマ鉄道模型で運転手体験をした人に、「キハ限定ストラップ」をプレゼントしている。JR大糸線を走ったキハ52と、大糸線沿線の駅名板が付いたストラップで、先着100人で終了する。

 問い合わせは糸魚川市観光協会、025(555)7344。

上越・妙高・糸魚川 ニュース