郷愁を誘うこきりこ節に合わせて演じられたささら踊り=白山宮境内

郷愁を誘うこきりこ節に合わせて演じられたささら踊り=白山宮境内

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し

秋の山里ささら響く 平でこきりこ祭り開幕

北日本新聞(2018年9月26日)

 こきりこ祭りは25日、南砺市上梨(平)の白山宮境内で始まり、ささらの素朴な響きが秋の山里を包んだ。県内外から大勢の観光客が訪れ、五箇山民謡を伝承する保存会の競演を楽しんだ。26日まで。

 雨のため、舞台競演会は境内横のこきりこ館で実施。越中五箇山小谷麦屋節保存会、越中五箇山民謡保存会、越中五箇山麦屋節保存会が順に出演した。

 最後を飾った越中五箇山こきりこ唄保存会は「神楽舞」に続き「こきりこ」を披露。扇子(せんす)踊りや手踊りなどを繰り広げた。ささら踊りでは、古式ゆかしい装束を身に着けた踊り手が「ささら」を小気味よく鳴らしながら舞った。演舞が終わるたびに、会場からは大きな拍手が送られた。

 競演会後に、こきりこ総踊りがあり、来場者もささらを手に楽しんだ。

 26日は正午に奉納こきりこ踊り特別披露、午後3時からこきりこ踊り指導、同6時から奉納こきりこ踊り、同7時から舞台競演会を行い、総踊りで締めくくる。

砺波・南砺・五箇山 ニュース